よくある質問

  1. TOP
  2. よくある質問

安全性

  • 製品の安全性は?

    全ての製品は溶出試験(土壌環境基準重金属等第2種特定有害物質)において、国の定めた基準値以下の試験結果となっておりますので、安心してご使用頂けます。

  • 草無課長の成分は、人体に影響はありませんか?

    安全です。草無課長に含まれている成分は、体内に混入されても排泄されるため体内に残ることがありません。また、食品や化粧水等、日常生活で使用したり食したりされている成分と同等になるため安心してご使用いただけます。

耐久性

  • 商品の保存期間はどれくらい?

    ガンコマサシリーズは、高温多湿を避け、水濡れの無い屋内で保管すれば、出荷時から約6カ月間です。
    一旦開封したものや現場などで屋外保管していたものは、品質保持期間の対象外です。
    また、トンパックは受注生産となっており、長期保存はできません。
    草無課長、ハシピタン、芝砂楽は保存期間に限定はありません。

  • 草無課長の防草効果はどのぐらいありますか?

    防草ではなく雑草抑制になります。草無課長を施工した場合は非施工箇所 (下地は同様)に比ぺ、およそ90%以上の抑制効果があります。ただし、雑草の種類、土壌の状態、環境条件、気候等により雑草抑制効果には違いがあります。

  • 耐用年数はどれくらいですか?

    ガンコマサの防草効果は最長で19年以上経った現在も継続中です。スーバーガンコマサに於いては発売開始以来 12年継続中です。しかし、施工マニュアルに準じた施工が施されていない現場については、メンテナンス工事を実施しています。従って、使用状況や環境によって耐用年数以内でもメンテナンスが必要になる場合があります。メンテナンスはその状況によって、部分補修、オーバー レイ補修、再施工を選択します。

  • ハシピタンの効果はどのくらいですか?

    試験施工箇所で最長7年経過しており、現在も抑制効果は継続中です。現場状況により効果期間は異なりますが、約 10年の抑制効果が期待できます。

使用用途について

  • 舗装材と防草材の違いは何?

    舗装材は人や自転車が通行する歩行用通路として使用するためスーバーガンコマサの使用となります。防草材は雑草の発生を抑制することを目的としているためガンコマサの使用になります。

  • コンクリートの上に施工できますか?

    下地がコンクリートの場合は、化粧マサをご使用ください。スーバーガンコマサでは コンクリート下地の場合、接着できすに不具合が生じることになります。

  • 法面を防草したいのだが施工条件は…?

    法面の場合は、平面と比ぺ耐久性能が必要となるため、スーバーガンコマサのご使用をお薦め致します。また、施工可能な法面の条件としては、法長:2m以内、斜度:1割5分(約34度)となり下地には材料滑落の保護として法面ネットを設置する必要があります。それ以上の法面条件でご検討される際は、弊社担当営業へご連絡ください。現場確認のうえ検討させて頂きます。

施工に関して

  • 誰にでも出来ますか?

    ある程度の土木経験のある方や知識のある方が施エマニュアルに従って行えば可能ですが、それなりの専用道具が必要となるため安易な施工をすると失敗する恐れがあります。※草無課長、芝砂楽はどなたでも施工できます。

  • 施工する時、専用ローラーは必要ですか?

    必要です。専用ローラーを使って転圧を行うことで本来の強度(耐久性能)が発揮されます。ローラーが無い場合は、散水後にコテなどで施工面を叩いて転圧してください。ただし、十分な耐久性能が発揮されないので、予め専用ローラーをご用意ください。ローラーの手配は、弊社販売店にお問い合わせください。

  • 冬季は温度が低いですが問題ないですか?

    日中気温が5℃以下の時は施工しないでください。また、山間部や霜の降りる地域では、日中気温が高くても初期凍害を受けやすいので冬季施工は見合わせた方が良いでしょう。やむなく施 エされる場合は必ず保温マットによる養生が必要です。※シートのみによる養生は不可。

  • 最低限必要な施工道具は…?

    木コテもしくはプラスチックコテ・木製レー キ·散水道具(シャワー状) ・転圧ローラーが必要です。その他の道具については、現場状況及び天候により必要となるものがありますので、その際には弊社担当営業にご連絡のうえご確認ください。19ページの必要な施工道具をご参照ください。

  • 夏季の施工の注意点は?

    夏季は、施工した材料の温度も高温になるため散水した水がすぐに蒸発する傾向にあります。よって、散水時には表面を乾燥させないようにこまめな散水に留意する必要があります。また、炎天下での施工は、急激乾燥によるドライアウト(硬化不良)や膨張収縮等の歪みが発生する場合があります。出来れば第2転圧後にシート等で覆い日陰にする事が望ましいですが不可の場合は散水工程を夕方に行うことも有効です。さらに夏季から秋にかけては突然の夕立ちがありますので`直接雨にたたかれないようにブルーシート等は常に用意しておいて下さい。

補修について

  • ひび割れの補修方法は?

    ひび割れ(クラック)に対して切り込みを入れ、材料を充填し散水してください。※クラック補修のマニュアル(補修方法)をご参照ください。

  • ガンコマサの取れた粒はどうすればいい?

    主原料:真砂土の粒なので、花壇の土や土壌に再利用してください。

  • 表層が剥がれた補修方法は?

    剥がれた箇所をきれいに清掃し、化粧マサを使用してオーパーレイ補修を行います。※オーバーレイ 補修のマニュアル(補修方法)をご参照ください。

こんな時には?

  • 人が歩く場所でガンコマサを使用したいのですが…

    ガンコマサは防草目的であるため、人が歩くために必要な耐久性能はありません。人が歩く場所ではスーバーガンコマサをご使用ください。

  • ガンコマサや化粧マサは練って使用できますか?

    散水により硬化させる製品であるため、練って使用された場合の性能は保証できません。

  • 近くに花や植木があるのですが…

    草無課長・芝砂楽については成分により雑草抑制効果がありますので、近くに花や植木がある場合は枯れる恐れがありますので使用しないでください。