JP EN

技術支援・サポート詳細

  1. TOP
  2. 技術支援・サポート一覧
  3. 気温が高い夏季の自然土舗装材・防草材の施工は大丈夫でしょうか?

気温が高い夏季の自然土舗装材・防草材の施工は大丈夫でしょうか?

2022年03月23日
  • ガンコマサ
  • スーパーガンコマサ
  • よくある質問
  • 施工方法
  • 真砂土舗装
  • 自然土舗装材
  • 自然土防草材

夏季は、施工した材料の温度も高温になるため、散水した水がすぐに蒸発する傾向にあります。

そのため、散水時には表面を乾燥させないようにこまめな散水に留意する必要があります。
また、炎天下での施工は、急激乾燥によるドライアウト(硬化不良)や膨張収縮等の歪みが発生する場合があります。
可能であれば第2転圧後にシート等で覆い、日陰にする事が望ましいですが、不可の場合は気温が下がる散水工程を夕方に行うことも有効です。

さらに夏季から秋にかけては突然の夕立ちがありますので、直接雨にたたかれないようにブルーシート等は常に用意をお願いいたします。

ご不明な点につきましては事前にご相談・お問い合わせいただけますと幸いです。

関連リンク

>> 自然土防草材ガンコマサ
>> 自然土舗装材スーパーガンコマサ
>> 防草材「コロンブスのたまご」の凍害について
>> 自然土舗装材の白華(エフロエッセンス)について
>> 自然土舗装材の季節に応じた硬化に必要な水分量